安全への取り組み

安全への取り組み

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

1. 当社の最重要課題は、「輸送の安全」であることを認識します。
2. 「輸送の安全」を達成するために、「輸送安全目標」を設定します。
3. 当社は、運輸関連法令の遵守を確実にします。
4. 「輸送の安全性向上のための基本方針」「輸送安全目標」及びその達成結果、「事故に関する統計」「万一、行政処分が行われた場合の改善状況」を社内に掲示して公開します

2. 輸送の安全に関する目標及び当該目標に対する達成状況

輸送の安全に関する目標及び達成状況(平成30年)
【飲酒運転の撲滅】 飲酒運転は発生していません
【運行管理体制を適切に強化し、交通事故0件目標とする】 軽微な物損0件
【過労運転の防止】

3. 自動車事故報告規則第2条に規定する件数(平成29年度)

該当項目
自動車事故(自動車事故報告規則第2条第3号)
 0件

4. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

概略図は別紙のとおりです。以下のPDFファイルをご覧ください。
輸送の安全の確保に関する体制

5. 輸送の安全に関する重点施策

1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施します。

6. 輸送の安全に関する計画及び実績(設備投資等)

①平成29年の実績(平成29年10月~平成30年9月)
バックモニターカメラ全車取り付け
過労防止のためバス乗務員3名採用
車両取替・・・2両(大型1台・中型1台)ドライブレコーダーカメラ及びデジタルタコグラフ通信機器30年度までに導入の検討と調査
②平成30年度の計画(平成30年10月~平成31年9月)
車両取替・・・1両(中型1台)
ドライブレコーダーカメラ及びデジタルタコグラフ通信機器30年11月導入

7. 安全統括管理者及び安全管理規程

(1)安全統括管理者
氏名: 藤崎 雅夫
役職: 代表取締役
(2)安全管理規程 以下のPDFファイルをご覧ください。
安全管理規程

8. 輸送の安全に関する教育及び研修の計画

(1)運行管理者・整備管理者及び補助者の教育
運行管理者及び整備管理者並びに補助者の事故防止対策の推進や異常時における適切な指示などに対する、 力量向上を目的とした事故防止会議等を計画的、定期的に開催しています。
(2)乗務員に対する教育
新入社員研修、高速訓練、事故防止検討会を計画的に実施します。 また、部外研修を計画的に行います。
PAGE TOP